2018.6.22 Ibaya Baseball Magazine(beta ver.)始動!

編集部Q &A第1弾:なぜ野球ウェブマガジンをはじめたの?

編集部Q &A第1弾:なぜ野球ウェブマガジンをはじめたの?

本コーナーでは、当編集部に寄せられたご質問に、編集長竹谷が代表してお答えします。

ご質問はこちらからどうぞ。

Q:編集部のみなさんへ。なんで野球が好きなのですか。

いい質問です!
ずばり、当ウェブマガジンで小出しにしていきたいと考えていますので、ぜひお楽しみに(宣言)。

Q:野球って難しくないの?

難しいです。
道具を揃えるのもぶっちゃけ大変ですし、なによりもまずルールを覚えるのが大変です。
また、少し難しいことを言うと、「ファン同士の共通文脈」を持つのも難しいかもしれません。
ファン同士の会話を「何を言っているのかわからない」と思う方もいらっしゃいます。

さらに、ルールブックなどに載っていない用語(略語、隠語など)も多かったりします。「ゲッツー(=「ダブルプレー」のこと)」など…。そして、それが公用ルール用語になっていたり。よくわからないですよね。

長い歴史をもつスポーツだからこそ蓄積されたものが多すぎて、もはや「文化の一つになっている」と言えると思います。ここが難しいところでもあり、逆におもしろいところでもあると思います。

Q:野球の道具って高いんじゃないの?本当は興味あるんだけれど、他のスポーツより明らかに高いから、一歩が踏み出せないんだよね…

かつては、それなりの性能をもつ野球道具となると、高価な道具ばかりでした。私が野球を始めた当時(1997年ごろ)などは、少年野球の道具といえども、高すぎて親戚や先輩など年長者のおさがりをいただくことが多かったです。

しかし今では、新興メーカーの台頭などもあって、ピンキリとなりました。ただ、安いといっても、クオリティの高い商品が数多く市場に出ています。

スポーツショップのスタッフの方は親切な方が多いので、聞いてみると意外と安くていいものが見つかるかもしれません。
私は先日、掘り出し物のアメリカ製ジュラルミン製バット(よく飛ぶやつです)を10,000以下で手に入れました。

Q:野球って具体的に、どんな道具が必要で、どれくらいかかるの?

「とりあえず練習試合に出られる」

この基準で考えてみました。
以下のような装備があれば十分です。

参考価格も入れてみました。
安かろう悪かろうとまでは言いませんが、最低限これくらいのモノを買ったほうがいいよねという価格です。

◎必須
◯あれば嬉しい。持っていない人もいます

☆野手、投手

◎グローブ 10,000円〜(ミット(一塁手、キャッチャー)は)
◯バット 10,000円〜(チームメイトに借りている人も結構います)
◯ボール 500円〜(チームで所有していることが多いです)
◎ユニフォーム&ベースボールキャップ 上下10,000円
◎アンダーウェア 2,000円〜3,000円程度
◎スパイク 10,000円
◎ベルト 1,000円
◎ソックス 1,000円(大体この値段で3セットくらい入っています)

☆捕手(キャッチャー)

以下3点セットで30,000円〜くらい。他に細かいものを揃えると、50,000円くらいでしょうか。
◎マスク
◎プロテクター
◎レガース

Q:たまたま先日、練習している竹谷さんの姿を見ましたが、めっちゃカラフルで気合が入った姿をしていましたけどw

自分で自分にテーマを課しています。

「楽しくやる」

ずばり、これです。

大人になって野球にふたたび取り組む今、どうせならやりたいことを全部やろう!くらいの勢いでやっています。

楽しくやるにはどうするか。ということを考えたとき、まずは「今思う一番お洒落な格好をして野球をやってやろう!」と思いました。

私が少年野球をやっていた頃というのは、お洒落なウェアなんてほとんど無かったように記憶しています(というか、道具自体チームユニフォーム以外ほとんど買ってもらったことがない)。

一番お洒落をしたかった10代の頃に、極めて地味な姿でしか野球ができなかったので(それはそれで全然いいし文句はないのですが)、大人になった今、その頃の自分に差をつけたいという思いもあります。

また、これはさらに個人的な意見ですが「形から入る」というのは大事だなと思います。何事も。

道具や服装にこだわると、やはり楽しいし、やる気が出てくると思います。

(ちなみに保科さんのようにガチで上手い方たちはどんな道具でも華麗にプレーされています)

Q:何のためにベースボールマガジンをやるのですか

編集部一同「野球からいろいろなものをいただいた」という思いがあります。
コアメンバーである竹谷、保科両者とも30代に突入し、人生のレビューを始めたというタイミングも手伝って、野球に対して自らの思いをぶつけていこうと決意したためです。

完全なる自己満足ですが、世の中のあらゆるグッドな物事は、自己満足…自分を喜ばせることから出発していると思うのです。

Q:「いばや」との関係性を教えてください。

実は、直接の関係はありません。
しかし、ないようでいて、あるところもある…とお答えしておきましょう。

Q:関西の某セリーグ球団ファンです。貴サイトにはオレンジ色が多く配色されているように見えます。

たまたまです。

Q:竹谷さんと保科さんが共通して好きな選手は誰ですか

たくさんいますが、桑田真澄さん(元巨人、米ピッツバーグパイレーツ)、イチローさん(米シアトルマリナーズ)両氏の話題は毎回のように出ます。

「先週、イチローさんが出ていた◯◯観た!?」というような話をよくします。

(つづけ…)

コラムカテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ